EGF化粧品

EGF化粧品を選ぶなら、お手軽&コスパ最強のこれで決まり!

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)はアメリカの生物学者『スタンレーコーエン博士』により発見された、上皮細胞増殖因子です。英語表記では『Epidermal Growth Factor』と言い、表皮(上皮細胞)での成長の因子と呼ばれます。細胞再生因子と呼ばれることもあり、皮膚の表面にある受容体と結びついて新しい細胞の生成を促すタンパク質の一種なのです。研究者のコーエン博士は、なんとこの成分を発見してノーベル生理学医学賞を受賞するほどのものです。このEGFの能力に目を付けて、いち早く化粧品などに採用するメーカーも出てきています。今話題の成分なのです。EGFの新生細胞の成長促進能力が、ダメージ肌の回復や肌ケアの注目を集めています。ただ、最近は厚生労働省により『(効果効能の認められる)EGFは医薬品なのではないか』として化粧品などの非医薬品で原料に使用することを規制するような流れが出てきています。極端なことを言えば、それだけ効果があると認められるとも言えます。EGFを配合しているEGバイタライジングマルチゲルのその他の配合成分はこのようになっています。
↓↓↓
水、スクワラン、BG、グリセリン、ジグリセリン、ソルビトール、1,2-ヘキサンジオール、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、アルガニアスピノサ核油、アマニ油、ローズヒップ油、アーモンド油、ヒトオリゴペプチド-1、アセチルデカペプチド-3、カプロオイルテトラペプチド-3、セラミド2、セラミド3、メドウフォームエストリド、酵母エキス、オキナワモズクエキス、ダイズエキス、ユビキノン、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、シロキクラゲ多糖体、ダイズ油、ダイズステロール、レシチン、水添レシチン、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、トコフェロール、キサンタンガム、オレンジ油、カルボマー、水酸化Na、リン酸Na、フェノキシエタノール

参考サイト:

セラミド化粧水について書かれている「セラミド化粧水」のサイト

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ